特徴について

路上電車

富山県は車の保有率も高く、郊外には大型商業施設としてイオンおよび平和堂系のショッピングセンターが存在します。
高岡市にはイオンショッピングモールおよびイオン、射水市には平和堂系のアルプラザ、富山市にも同じく平和堂系のファボーレがあり、アル・プラザと100の専門店街で構成する一大ショッピングエリアを形成しています。
富山市中心部には大和があり、また、富山駅前には、CiC、マリエの2つの商業施設があり、今後は新幹線開通を見据え、富山駅内及び周辺にも商業施設新設の動きが出てきています。
こうした大型の商業施設に加え、各地域には中小規模のショッピングセンターがあり、それぞれの地域に住む人々の日々の買い物の支えとなっています。

富山は特に冬期間は降雪や積雪が多いことから、買い物も一度に済ませる傾向があります。
ただし、食料品などの日常的な買い物については、毎日ショッピングセンターやスーパーマーケットで買い物するという人も多いです。
また、共働き世帯が多いのも地域の特徴で、食料品の買い物はなるべく手短に済ませて早く料理を準備しなければならないというニーズが強いのも大きな特徴となっています。
一方で、娯楽施設がそれほど多くないという理由もあって、そうした商業施設が映画館等と併設していることもあり、週末には大勢の家族連れやカップルがそうした商業施設を訪れます。
そうした訪問理由から、平均滞在時間は長めとなる傾向があります。
今後もこうした状況に大きな変化はないものと想定されますので、商業サービスに主眼をおいた事業展開には、こうした地域情報を活用されることをおススメします。